三共油脂株式会社公式サイト

ポルックスドッグシャンプーQ&A

  • HOME »
  • ポルックスドッグシャンプーQ&A

ポルックスドッグシャンプーQ&A(よくある質問)

ポルックスドッグシャンプーQ&A(よくある質問)

ポルックスドッグシャンプーの商品説明はこちらです。

その他のよくある質問はこちらです。

愛犬用シャンプーの法的規制はどうなっていますか?

人間の場合、人体に使われるものは医薬品医療機器法(旧薬事法)で医薬品、医薬部外品、化粧品と分類されて規定されています。たとえば皮膚の疾患治療用シャンプーは医薬品、ふけ取りシャンプー等効果効能を強く主張するのであれば医薬部外品、その他、普通のシャンプーは化粧品として規定されています。

ところが、愛犬のシャンプーは成分や効果により①動物用医薬品②動物用医薬部外品③雑貨となり、たとえば皮膚の疾患治癒用シャンプーは動物用医薬品、蚤取りシャンプー等効能を強く主張するのであれば動物用医薬部外品となりそれらは農林水産省に届けて医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づき規定され、それらでない普通の犬用シャンプーは雑貨となりなんら規定がありません。つまり洗剤と同じような雑貨扱いで製造されます。

Back To Top

化粧品規格で作ったとは?

化粧品規格の原料と製造管理を適用して作ったということです。

Back To Top

化粧品規格の原料とは?

化粧品規格の原料とは簡単に言えば人体に使う化粧品に使用できる程度のグレードの高い化粧品原料基準の品質の原料で、グレードの低い洗剤に使う原料とは安全性など規格が異なります。

Back To Top

化粧品規格の製造管理とは?

化粧品規格の製造管理とは、正確に言えば製造管理(GMP)、品質管理(GQP)、安全管理(GVP)で、国の許可を受けた工場で、資格のある技術者を置き、安全性や品質に配慮し適切に製造・記録がなされている事です。

化粧品規格の安全管理は社内の事前の対策はもとより、仕入先、行政、医療機関、化粧品工業会等団体等から広く販売後の化粧品及び原料の安全に関する情報を収集し適切に反映し、万が一の場合はすばやく注意を促すことです。

Back To Top

説明にあるPCAや11種類のアミノ酸とは?

PCAはピロリドンカルボン酸で天然保湿因子とされるものです。

11種類のアミノ酸はすべて植物由来のアミノ酸で、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、パリン、プロニン、スレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニンです。配合目的は洗浄による皮膚の乾燥の予防です。

Back To Top

11種類のアミノ酸の原料は?

サトウキビからできています。

Back To Top

サルフェートフリーとは?

ラウリル硫酸Na等で安定性が高く、安価で、処方しやすく、洗浄力も良いので広く安価なシャンプーに使用されている原料です。旧薬事法の表示義務成分で毒性云々といわれていますが、すべての人が駄目というわけでもなく、肌の弱い人には要注意原料になります。商品コストさえ気にしなければ代わりの原料はあります。

よって、人より肌の弱い犬のシャンプーですので、使用しておりません。

Back To Top

ノンアルコールとは?

化粧品には溶剤としてエチルアルコールが用いられます。いわゆる酒精でそのものが悪いわけではないですが、皮膚につき蒸発する時、水分も奪うので人より肌の弱い犬のシャンプーで使用するのは控えました。

Back To Top

化粧品規格ですので人にも使えますか?

人の化粧品として法規上の申請を国にしていませんので人には使用できません。また、犬に最適な処方になっております。

Back To Top

ロング用とショート用、皮膚の弱いワンちゃんに使うのはどちらが良い?

ロングヘアー用がより刺激の少ない原料での処方になります。皮膚の弱いワンちゃんの場合は体の一部を洗浄し試してからにしてください。(洗浄後皮膚が赤くならなければOKです)

Back To Top

犬臭が強いワンちゃんにはどちらがよいですか?

ショートヘアー用が臭いのもととなる皮脂の汚れ落ちがよいです。よって、犬臭が発生するのが遅くなります。

Back To Top

長毛種の愛犬で犬臭が強い場合はショートヘアー用を用いても大丈夫ですか?

大丈夫です。ただ、ベストな艶々な毛になるまで犬種と年齢によりますが洗毛後3日程かかります。

Back To Top

犬のシャンプーと人のシャンプーでは何が違いますか?

簡単に言うと皮膚の構造が違います。犬の皮膚は毛に覆われて保護されており薄く、人間はむき出しなため皮膚の表層が厚くなっています。また、犬の皮膚には脂腺があっても汗腺がありません。

次に毛の構造が違います。犬にはキューティクルと呼ばれるうろこ状の層が人ほどありません。また、毎日ドライヤーもかけませんしパーマ、ヘアカラーはほとんどの場合しませんので物理的に毛が痛むことは少ないです。

以上の二点を考慮に入れると、皮膚の保湿成分は人間用では少なすぎ、キューティクル保護や油分の添加は人間用では多すぎます。よってポルックスドッグシャンプーはその部分を犬用に最適化しております。さらに洗浄成分も皮膚にやさしいとされるものを選択しております。

Back To Top

毎日洗えますか?

獣医師とも相談しましたが、犬と人間は皮膚の構造が違うため犬は毎日洗うのは適さないと当社は考えます。よって、毎日洗えるように処方しておりませんので毎日の洗浄には不向きです。

Back To Top

何日を目安に洗えばよいですか?

犬種、犬齢によって差はありますが、目安として二週間に一度の頻度で個々に加減してお使いください。(最短でも1週間に一度にしてください)

Back To Top

三共油脂とはどんな会社ですか?

理容店、美容院の業務用商品を中心に創業80年を越える化粧品会社です。近年は『石けんシャンプーポルックス』を初め一般向けにも商品を展開しております。

Back To Top

300mlでどれくらい洗えますか?

犬種、大きさ、毛の長短、洋犬、和犬、個々の犬の状態(脂性、乾燥肌)汚れ具合等いろいろありますので一概には言えませんが、飼育されている頭数の多い小型犬(10kg弱)を基準に、長毛種で1回分約30ml(多めに設定)と想定しております。サンプルが30mlなのはそのためです。

よって、300mlで一ヶ月に一度洗いを2回行うと想定して約5か月分、一ヶ月に二度洗いを2回行うと約2.5か月分になります。(短毛種は小型犬(10kg弱)で1回分約20ml(多め)として約7ヶ月分)

約5kg以下の超小型犬(長毛)ロングチワワ、パピオン、ポメラニアン、トイプードル等では1回分約15mlくらいだと思います。中型犬や大型犬の場合は少量が多いので次回から500mlの詰め替えをおすすめします。

なお、同一犬種でも大小がありますし、毛や皮膚の汚れ具合によりますが、あまり少なめにお使いになると汚れが落ちない、すすぎできしむ、ふんわりしない等の問題も生じますのでその犬の適量(しっかり泡がたつ)は個々で加減してください。

Back To Top

薄めて使えますか?

使えません。薄めて使えるとコストパフォーマンス的には魅力的ですが、そうするには洗浄力の強い洗浄剤が必要です。よって、本品のコンセプトとは違ってきますのでそのように作られていません。ただし、ペットの美容室などでハンドリングを重視するため粘度を無くす程度の希釈は可能です。その場合は1日に使う分だけ希釈してください。

Back To Top

ポルックスドッグシャンプーの商品説明はこちらです。

その他のよくある質問はこちらです。

ショッピングはこちらから

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 三共油脂株式会社 All Rights Reserved.